31アイスクリームに久しぶりに行きました

昨日は31日でしたので、ダブルアイスが31%オフになる日でした。
父親と姉と姉の子供(一歳の女の子・天使のように可愛いです)と私の四人で行きました。
ショッピングモールの地下に31アイスクリームがあり、そこはフードコードの様な場になっているので、31アイスクリームの他にも色んなお店があります。
アイスクリームを食べる前にSUBWAYでサンドイッチを買ってお昼を食べました。
SUBWAYのサンドイッチ初めて食べましたが、とても美味しかったです。ローストビーフのサンドイッチにアボカドをトッピングしました。食べごたえもあり、とても気に入りました。生の玉ねぎは苦手なので、玉ねぎは抜いてもらいました。野菜の増減が出来るなんてとても親切ですね。
その後に31アイスクリームでダブルを注文しました。
ラムレーズンとポッピングシャワーにしました。カップにしようかと思ったのですが、せっかくなのでワッフルコーンにしました。
久しぶりに31のアイスクリームを食べましたが、幸せな気分になりました。
甘いものって本当に癒されますね。
美味しいものがたくさん食べれて大満足な一日となりました。もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>clear-nailshot.xyz

ずぼらな食いしん坊の、手作りオヤツ

ダニ対策食欲の秋ですね?
いや、もうすっかり冬モードになってしまいましたね…。でもでも!

!まだ食欲は衰えません。

さて秋の味覚といえば?
そう、サツマイモ!
わたしはスイートポテトが大好きです。

ずぼらでめんどくさがり屋。それでいて食いしん坊なわたし。そんなわたしが、この季節になると作るスイートポテト(もどき?)を紹介します!

もう一度言いますが、わたしはずぼらでめんどくさがり屋。
分量なんて計りません。
とにかく目分量!足りなかったら足す!
入れすぎちゃったら笑ってごまかす!

★ずぼらスイートポテト★
さつまいもを食べたいだけラップを巻いて、柔らかくなるまで電子レンジでチン!
さつまいもの皮をむく。
ボールに入れてマッシャーでつぶす。
マーガリンをひとすくい入れて混ぜる。
砂糖を1杯くらい入れて混ぜる。
牛乳を入れて混ぜる。
スプーンですくって食べる。

以上です!!!裏ごしなんてしません。
オープンで焼きもしません。
ただのマッシュサツマイモ!?
でも簡単で充分美味しいんです。
ちなみにわたしは、牛乳を多めに入れてかなり柔らか?くなった状態が好きです。

とても簡単だから、子どもと一緒に作れますよ♪
わたしの3歳の息子も大好きで、2人で作ってあっという間に食べ終わります。

ぜひお試しください?!
あ?なんだかまたお腹が空いてきちゃった。あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>布団ダニ

勢いで自分で髪を切っちゃいました

ここ10年くらい、ずっとストレートロングヘアだったわたし。

特にロングにこだわりがあるわけではないんだけど、なんとなーく、ずっとこの髪型でいました。
でも少し前から、ボブにあこがれが出てきました…!(*´ω`*)
子どもを出産してから、お風呂はゆっくり入れないし、髪をきちんと乾かすこともできない(><)

それもあって、バッサリ切りたいな?と思い始めました。
でも子どももまだ小さいし、美容室に行くタイミングがなかなか無くて…。

今日の朝、早起きして、バッサリ!!!!
勢いだけで、肩まで髪を切っちゃいました?。
まさかのセルフカット(笑)

しかもただハサミを横にして、ザクザク切っただけ(笑)
切りっぱなしのボブになりました\(^^)/

でも私的には大満足!!
髪が軽くなって、なんだか気持ちまで軽くなりました♪
髪を結ぶのも、洗うのも、乾かすのも楽チン?!

けれどやっぱり、素人のカットでは残念すぎるので…
今度ちゃんと時間を見つけて、美容室でカットとカラーをしてもらおうと思います。
いつ行けるかな?(><)
赤ちゃん連れでもOKな美容室を探さなくっちゃ。

ちなみに旦那はロングヘアが好きなので、
朝起きてわたしを見て、
「変!似合ってない!」と大ブーイングでした(笑)参考サイト:シミ取り

虫歯にならないための予防習慣を身につけましょう

口腔内を綺麗に保つことは虫歯予防につながります。
また、歯を清潔に保つことも同様です。
日頃何気なく行っている歯磨きですが、口腔内を綺麗に保ち、歯を清潔に保つための歯磨きの仕方というものがあります。

歯磨きは歯の表面の汚れを落とし、歯と歯の隙間の食べカスなどを取り除くために行う行為です。
しかし、多くの人が表面をなぞるような歯磨きの仕方しかしていないため、表面を何度もこすっているだけの行為になってしまっています。
そのため、食べカスや汚れからプラークが発生し、それが歯石へと変わり、歯周病や虫歯の原因になっていきます。

そのようなことにならないために、口にくわえてただ歯ブラシを動かすのではなく、どの歯を磨いているか意識しながら歯磨きを行うことが大事です。
まずは全体を軽くブラッシングし、歯の根元から1本1本磨くことを意識することが大事です。

また丁寧な歯磨きを日々の習慣にするために時間を決める、もしくは他の動作の後(例えば食事後すぐになど)にセットで行うことです。
こういったちょっとしたやり方と無理なく習慣にすることができるようになれば、虫歯や歯周病が未然に防ぐことができ、歯の治療に多大な時間と多額の費用をかける必要がなくなります。