1年経っても生えてこない・・・産後の抜け毛はいつまで続くの?

出産後に抜け毛が増える…産後脱毛症とはどんな症状なの?

今は妊婦さんのためのサイトや雑誌など妊婦さん用の情報源がたくさんあり便利になりましたよね。

出産前にそろえるものから内祝い、妊娠中や出産後の女性の体のことも調べることができます。その中でも比較的多くの方が知っている出産後の体の変化の1つとして産後脱毛症があります。産院や病院によっては助産師さんからお話があることもあります。

産後脱毛症の程度は様々で個人差も大きいのですが、産後に女性ホルモンのバランスが変化することで抜け毛が増えることを言います。

脱毛の始まりは産後産後2ヶ月くらいの方が多く、シャンプーの時に抜け毛の多さに気づいたり、ブラッシングで気づいたりするようです。

産後脱毛症はなぜ起こるの?

産後の脱毛症に関係しているのはエストロゲン、プロゲステロンという女性ホルモンです。

女性の体では妊娠中、胎盤が形成され、子宮は妊娠前より活動量が増加しています。赤ちゃんを成長させなければなりませんから当たり前のことですよね。そのため妊娠中の女性の体では女性ホルモンの分泌量が増加しています。

そして、女性ホルモンが関与する体の機能として髪の成長があります。女性ホルモンには髪の成長期を長くする働きがあるのです。

妊娠中にお腹など体毛が毛深くなるのはこのためです。毛の成長期が長くなるので毛が抜けずに体にとどまるようになり、毛深くなったような気がするのです。

しかし、分泌量が多くなっていたエストロゲン、プロゲステロンの女性ホルモンも、出産後は元の値まで戻ってゆきます。

体内に蓄積されていた女性ホルモンが減少していき、産後2ヶ月ほどで妊娠前の体内の女性ホルモン量へともどると抜けずにとどめられていた毛が抜けだします。これが産後脱毛症のメカニズムなのです。

産後の抜け毛はいつになると止まるの?

産後脱毛症は生理現象なのでいずれ止まります。だいたい6ヶ月くらいが目安で、1年ほどで出産前と同じ脱毛量に戻ります。

しかし、高齢出産のように体の機能が元に戻るまでに時間を要するようになると抜け毛が減らないということもあります。中には1年以上かかることもあります。

産後脱毛症が長引いてしまう原因の多くが体の機能回復の遅れです。

しかし、20代のもっとも体力や出産のための体の機能が整っている適齢期に出産するのと30代後半、40代で出産するのとでは差があることは仕方のないことなのです。そのため、産後脱毛症に悩む方も増加傾向にあるようです。

現在は仕事を持つ女性が増え、晩婚化が進み、結果的に出産の年齢も上がる傾向にあります。

しかし、現在は栄養不足となることがほとんどないため、一昔前のように高齢出産は危険という認識も薄れてきました。高齢出産の年齢も1993年には30歳から35歳に引き上げられています。

出産後、脱毛症の他にもなかなか生理が回復しなかったりと体の機能回復のスピードは人それぞれですが、育児同様、根気よく自分の体のケアもしていかなければなりません。

そして、産後の体調回復を遅らせる原因のほとんどが育児ストレスや睡眠不足です。

夜中も数時間おきに授乳をしなくてはなりませんし、初めての子育てだと特に要領がわからずに疲労が蓄積してしまいがちです。

「産後うつ」という産後特有のうつ病もあるくらいですから出産後の女性の体には大きな負担がかかっています。

産後の抜け毛対策!ストレスを溜めないこと!

家事も育児も完璧にこなそうとせず、1人で育児をすべて抱え込まずに夫や両親に頼れる部分は頼るようにしましょう。ショートステイの保育室や市町村のナーサリールームを利用するのも手です。

赤ちゃんも半年を過ぎて1歳くらいまでには朝まで眠ってくれたり、まとめて眠ってくれるようになりますので、赤ちゃんと一緒に寝てしまうなど、身体を休める時間を少しでもとれるようにするとよいでしょう。

また、母乳の場合は自分の摂取した栄養素が母乳に行きますので、食事ではタンパク質や鉄分ミネラルの多い食事、ビタミン類をバランスよく摂取するようにしましょう。