産後の抜け毛に効く!女性用育毛剤の条件とは?

産後の抜け毛はどうして起こるの?

産後の抜け毛はエストロゲン、プロゲステロンという女性ホルモンが関与しています。

妊娠中はそれらのを含む女性ホルモンが活発に分泌され、母胎を維持し、胎児の成長を司っています。そのため妊娠前の平常時よりも体内の女性ホルモンは増加しています。

また、よく聞く話ですが、女性ホルモンは髪の成長にも関与しています。毛髪の成長期を延長させる作用があり、そのため妊娠中は平常時よりも毛が抜けにくくなると言う現象がおきます。
妊娠中に毛深くなったと感じる人がいるのはこのためです。

しかし、産後はエストロゲン、プロゲステロンの分泌量は平常時と同等、もしくはそれ以下にガクッと減少します。そのため、引き留められていた毛が徐々に抜け出し、通常時よりも脱毛が多いと感じます。
これが産後脱毛症です。

多くの方が出産後2ヶ月程経ったときにその抜け毛に気付き、だいたい6ヶ月から1年で脱毛は治まります。

産後の抜け毛は防止できないの?

産後の脱毛症はいつも以上に毛が抜けてびっくりしますし、脱毛が止まらないのではないかと不安になる方も多いようです。

そのため出来れば脱毛は避けたいところですが、妊娠出産を経れば誰もが起こり得る生理現象なので避けて通ることは難しいようです。

とはいえ、個人差も非常に大きく、体験談等をみてもほとんど気にならなかった。
産後脱毛症があったのかどうか分からなかった。
という非常に脱毛が軽い方や、

シャンプーの時にごっそり抜けてきて本当に驚いた。
髪を結んだときに髪の束が以前よりほそくなったと感じるほど脱毛した。
と言う方までさまざまです。

しかし、産後脱毛症は妊娠中にしっかりと女性ホルモンが分泌され、母胎を正常に維持し、赤ちゃんがちゃんと成長したという証拠でもあります。

ある程度の脱毛は仕方ないと割り切って、前向きに頭皮ケアをしていきましょう。

産後の抜け毛に育毛剤は効果有り?

産後の脱毛症を少しでも軽くするためには①体内からのアプローチ②外側からのアプローチの2つを行うことが重要です。

①はもちろん産後の身体の回復を早めるために栄養バランスの良い食事や、睡眠時間をしっかりとるようにすることです。
なかなか赤ちゃんのお世話で睡眠時間はまとまってとれませんが、女性ホルモンを安定して分泌するためには睡眠が必要です。

②の外側からのアプローチにおいて必要なことは頭皮を健康に保つことです。
お風呂上がりなど顔には化粧水をつけますが、同じ肌なのに頭皮のケアって気にしない方も多いですよね。髪に覆われているとは言え、頭皮も肌トラブルはあるのです。

それをケアし、産後の脱毛を早く回復させるためにはには育毛剤も有効です。

女性ホルモンの影響による脱毛ですが、男性のAGA治療薬のように女性ホルモン自体に影響を与えるわけにはいきません。ホルモンは体のきのうを制御する重要な化学物質だからです。

男性のAGA治療薬のようにホルモンに影響をあたえようとすると、必ず何らかの副作用が出てしまうでしょう。

ですから育毛剤選びにおいて重要なことは、産後の敏感肌を考慮し、無添加で、刺激の少ないものを使用するということです。

産後に使用する育毛剤の効果はあくまで頭皮の血行を促進し、乾燥や刺激から守るものです。頭皮を健やかに保つことで、毛髪が余計な刺激を受けず成長できるようにするのです。

今では産後の脱毛専用の育毛剤も販売され、保湿成分や、漢方の生薬発毛によいとされるセンブリエキス等を成分としている商品など様々ですが、これらの商品は医薬品のように何度も臨床試験を重ね、細胞レベルでの培養実験を行っているわけではありません。

モニターを募集し、アンケートや毛髪、頭皮チェック実施することで結果を出していますが、科学的に実証された商品はないのです。ですから公告や口コミを考慮しつつも惑わされずにあくまで自分の肌にあったものを選ぶことが重要です。

つけ心地がよく、マッサージするときなどに使用しやすい商品を選ぶようにしましょう。
決して高価な商品でなくても良いのです。
参考:女性におすすめの育毛剤

最後に、産後はあまり外出も出来なくなり、行動範囲が狭められがちです。筋力も落ちるため、産後は代謝が落ちやすい時期です。代謝が悪くなれば、毛周期が正常に移行しなくなります。
適度に運動を行い、筋力の回復を図ることも大切です。