産後の抜け毛による薄毛を目立たなくするヘアスタイル

産後の抜け毛はなぜ起こるの?

産後の脱毛は産後脱毛症といい、出産を機に体内のホルモンバラスが変化することで起こります。出産後は女性ホルモンのエストロゲンが減少してしまうからです。

エストロゲンは主に妊娠中の赤ちゃんを育てるための体作りのために働いています。しかし、出産後はその必要もなくなるうえ、エストロゲンには母乳の分泌を抑える働きがあります。

出産するとエストロゲンが減少し、母乳の分泌抑制が解放されて母乳が出るようになります。人間の身体って本当にうまくできていますよね。

しかし、ここで出産後の急激なエストロゲンの減少についていけない体の機能もあります。
それが髪の毛(毛根)です。

妊娠中に増加している女性ホルモンは毛の発育にも影響を及ぼし、毛を成長させる期間が長くなります。抜けにくくなるということです。

産後エストロゲンの分泌が減少すると体内に蓄積されていた女性ホルモン量も徐々に減少します。脱毛が延期されていた毛が一気に抜け始めます。これが産後の脱毛です。

産後の抜け毛はいつまで続くの?

産後脱毛症は産後だいたい2か月から始まり、3か月間程度で収まったという方が多いようです。

しかし、産後の月経が再開するまでにも個人差があるように体内のホルモンバランスの安定には個人差も大きく、医師でも何ヶ月で止まるとは断言できないものです。

また、抜け毛をあまりにも気にしてストレスをためると育児の疲れと重なって精神的にも不安定になり、さらにホルモンバランスが乱れ、血行不良や自律神経失調症にもなりかねません。

生理現象ですのでいつかは止まるものですから、髪型を変えてみるなど工夫して悩み過ぎずに乗り切りましょう。

薄毛が目立たなくなる髪型は?

結べる長さの髪であれば、無造作なまとめ髪はボリュームを出してくれ、家事や育児にも邪魔にならないスタイルです。きゅっとひっつめてしまうと頭皮にも良くないですし、髪がぺちゃんこになって薄毛を余計際立たせてしまいます。

最近はファッション雑誌をみてもキチンとまとめすぎるより、ゆるふわの髪型の方がナチュラルで今っぽいですよね。結んだ後に表面の毛を引っ張り出してボリュームを出せば脱毛でボリュームの減った髪を大きく見せることが出来ます。

シュシュや大きめのコサージュなどがついたバレッタもボリュームを出してくれますし、適度に頭皮を隠してくれるのでおすすめです。

髪が結べないくらい短い場合もボリュームを出すことで薄毛を隠す事が出来ます。癖毛の方であればワックスやムースを揉み込んでふんわりさせて癖毛を生かしたスタイルにすると良いでしょう。

ヘアアイロンを使ってカールをつくり、ワックスやムースをつけてでほぐすとかわいらしいパーマスタイルを楽しむ事もできます。ただ、ヘアアイロンは頻繁に使用すると髪を傷める原因にもなりますので毎日の使用は控えましょう。

また、ヘアバンドを使う事でも薄毛を隠すことが出来ます。アクセサリーのショップへ行くと種類も豊富で比較的購入しやすい価格の商品がそろっています。

今っぽい使い方は前髪をサイドの髪を多めに残して前に出すことです。カチューシャの様に細いタイプもありますので色々試してみると楽しいですね。

産後の抜け毛対策!早期改善に効果的な食べ物は?

産後の抜け毛、原因はホルモンの分泌量の減少なんです。

産後の脱毛は産後脱毛症ともよばれ、出産をした多くの女性が経験していると言われています。
ただ脱毛量は個人差も大きく、ほとんど気にならなかったという方から、ごっそり抜けて禿げるのではないかとノイローゼになりそうだったという重症の方までさまざまです。

妊娠時に活発に分泌されていたエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンは産後は非妊娠時まで一気に分泌量が減少します。それはエストロゲンが母乳の分泌をおさえてしまう働きがあるため、出産後は母乳により子供を育てなければならないのだと体が感知して分泌を一気に減らすからです。

その代わりにプロラクチンという母乳の分泌を促す女性ホルモンが活発に分泌されるようになります。素晴らしい身体のメカニズムですよね。

しかし、そのエストロゲンやプロゲステロンの減少により毛は影響を受けてしまいます。エストロゲンには髪を抜けにくくする働きがあり、妊娠中に毛深くなったと感じる方が多いのはそのためです。産後、それら女性ホルモンの分泌量が減り、引き止められていた毛が抜けだします。
これが産後脱毛症です。

産後の脱毛中の食生活

産後脱毛は生理現象ですので時間と共に落ち着いてきます。産後数カ月もすると月経が再開しますが、そのころにはホルモンの分泌量も安定して脱毛も減少するのです。

つまり、脱毛を早期改善するためにはホルモンバランスを整えることが課題です。

産後、増えてしまった体重を戻すためにダイエットをする方がいますが、食事を減らしてしまうと体の回復が遅れ、ホルモンバランスはなかなか正常に戻りません。さらに良質な母乳が出なくなってしまい、大切な赤ちゃんにまで影響が出てしまうかもしれません。

産後の体、髪の健康のためにはバランスよく食事をすることが何よりも重要です。毛は毛母細胞が分裂して角質化したものです。角質化すると細胞としての生命はなくなりますが、細胞なのでタンパク質からできています。

そのため、良質なたんぱく質をとることで髪を健康に保つことができます。

産後脱毛に効果的な食べ物

畑の肉と言われる大豆は高タンパクで低カロリーです。カロリーを控えられ、豊富な栄養を摂取できる大豆製品は産後に効果的な食品です。

大豆にはイソフラボンが含まれており、イソフラボンはエストロゲンに構造がにています。そのため減少してしまったエストロゲンを補うという効果もあります。

また、毛母細胞の分裂に必要なミネラルは亜鉛です。毛根には亜鉛が豊富に存在しています。髪は前述のようにタンパク質で構成されており、この髪のタンパク質をケラチンタンパク質と言います。

このケラチンタンパク質は亜鉛が不足すると摂取した栄養素からケラチンタンパク質が正常に作られなくなります。髪表の表面を覆っているクチクラ層がボロボロになり、切れ毛の多い髪となってしまいます。

亜鉛はチーズ、レバー、豆製品、ゴマに多く含まれています。健康な髪を生み出すために必要な栄養素です。

その他に頭皮の新陳代謝を正常に保つためにはビタミンB群が必須です。粘膜や皮膚を健康的に保つ働きがあります。ビタミンB群は豚肉、卵、納豆、ウナギ、牛乳に含まれています。どれも手軽に摂取できる食材です。

産後は自分の体の変化に加え、育児に家事にと忙しい毎日ですが、体を早く元に戻すためにも偏食に気を付けバランスよい食生活を送るように心がけましょう。